豊胸でバストを大きくしましょう|メリハリのあるスタイルを作る

手術でバストアップ

下着姿の女性

それぞれの手術の特徴

美容整形の中で、胸にボリュームを出したり形を整えたりする手術を豊胸手術といいます。昔からよく行われている豊胸手術が、胸の中にシリコンバッグを入れるバッグプロテーゼ挿入法です。シリコンバッグの種類は大きさや形などから100種類以上あるので、理想のかたちのバストにできます。脂肪注入法の美容整形は自分の脂肪細胞を入れるので自然な触感になり、見た目もナチュラルです。自分の体の中から、ぜい肉が気になる部分を選んで脂肪を取ることができるので、ダイエット効果もあります。プチ整形の一種がヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸を胸の中に注入するだけなので、豊胸の中では最も簡単で低リスクです。ダウンタイムがなく、ヒアルロン酸は体内に自然に吸収されます。

手術を受けるときの注意点

それぞれの豊胸手術にはメリットとともにデメリットもあります。自分がどういう胸になりたいのかをはっきりさせて、ダウンタイム、効果、持続力、予算などを考えて、自分にあった整形手術を選ぶ必要があります。バッグプロテーゼ挿入法は半永久的な効果を謳っているところもありますが、シリコンの種類によってはメンテナンスが必要になる場合もあります。耐久性を考えて、10年ごとに入れ替えをすると安全であると言われています。ヒアルロン酸注入は最大で2カップほどバストアップできます。ただし、1年ぐらいで効果がなくなるので、持続させたい場合は再度注入する必要があります。脂肪注入も生着率が悪いと元に戻るので、何度か注入を繰り返して生着率を上げるのが一般的です。